バイク乗りらしく前向きに

自分自身のための備忘記録。 NSR250 MC21 MC28 のこと。サーキット走行記録。通勤用のホンダライフJB1、 トランポのステップワゴンRF1のことなど。あとは日ごろのジョグトレ記録

2017/3/12 HSR九州 ドリームカップ第1戦

2017/3/12 HSR九州 ドリームカップ第1戦 16度晴れ 暖かい

前日練習後、前後ピレリDSC-V2新品交換

公式練習
タイヤ交換後、皮むき。
なんか少し感触が違い、固く感じるが、後半から少し乗れるようになった。
ベスト 12秒6


予選
昔出たときは一度に2台ずつ出走だったけど、今回はフリー走行と同じように同時にスタート
誰かについていきたかったけど、単独での走行になる。
序盤で12秒前半が出たが、その後今一つタイム上げられない。
最後まで頑張ってみるものの、序盤のタイムを更新できずじまい。
 ベスト 12秒1(総合6位)

決勝
スタートで出遅れたけど、序盤に順位を少しずつ回復。
途中周回遅れをうまくかわせず、前と離れてしまい単独チェッカー。
 ベスト 12秒5 
 レースタイム 12分28秒
 

スタートで出遅れたり、周回遅れをかわすのに時間がかかったけど、レースタイムは前に出たときに比べて
それほど遅くなかった。
自分やマシンが良くなったというよりは、コースが改修された分、タイムが上がった感じだった。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/02(日) 17:35:27|
  2. レース記録
  3. | トラックバック:0

2015/12/6 ドリームカップ冬大会 MC21

2015/12/6 ドリームカップ冬大会 気温 13度 

フリー走行
 タイヤは新品のピレリDSC-V2 SC1 前後
 前日練習していないので、身体を慣らしながら慎重に走る。タイヤも交換したばかりで数周走ると良い感じ。
 前の集団と同じぐらいのペースで走りながら、最後はペースアップ。 
 ほぼ時間いっぱい走ってベストは1.13.9(手元計測)だった。

予選
 O塚さん、T村師匠に出走直前までウォーマーをまいてもらったおかげで、序盤から飛ばせる。
 2周目で13秒0、その後は12秒半ばで周回。
 最後の周はいい感じで走れたんだけど、高速コーナー入り口でシフトミスして、アウトにはらんでタイムロス。
 前にも集団が見えたので、そこでタイムアタックはやめてしまい、結局ベストは12秒4 総合5位。

決勝
 スタートのクラッチミートまでは良かったんだけど、2速にシフトアップするところで遅れてしまう。
 3コーナーを立ち上がったところで、予選と同じ5位。それほど悪くないポジションだったんだけど・・・。
 ただ、その後は気持ちが舞い上がってしまって、高速コーナーでミスをしてアウトにはらんだり、奥のS字でコースアウトしそうになったりして、前との間隔がつまらない。
 タイムは予選より1秒ほど遅い13秒台半ばでの周回なんだけど、焦っているのかどうにもこうにも差がつまらない。
 結局ずるずる下がった形で単独走行になってしまい、後ろとの差を気にしながら順位をキープして決勝終了。
 総合5位 250では4位だけど、上位2台はエキスパートなのでクラス2位。
 決勝でタイムがあげられず、自分のレースタイムも12分26秒台で、前回出たレースとほとんど変わらないのが残念。

 反省ばかりのレースになってしまったけど、それでも表彰台に上れたのはラッキーだった。
  1. 2015/12/13(日) 12:10:29|
  2. レース記録
  3. | トラックバック:0

2014/12/7 HSR ドリームカップ冬大会

寒波が来て、非常に気温が低い中の冬大会になった。
(レース後忙しかったので、記憶があいまいであるが、覚えている範囲での記録です)

(フリー走行)
 前日練習していないので、感触を確かめつつ走行
交換したフロントV2はすごくいい感じで、走行した感触もとても良い。
 タイムも良い感じで上がり、調子も悪くないことが確認できた。
(予選)
 3周目に13秒2が出て、調子は悪くない。12秒に入れたいと思い頑張るが、なかなか13秒前半から上がらない。
 フリー走行と予選分あわせて作った燃料が少なめで、高速コーナー途中でガス欠っぽい感じになったので、最後1周分ぐらい残して、タイムも上がらないので途中であきらめピットに戻る。
 ベスト 1分13秒2(予選4位/14台中) トップは12秒3

(決勝)
 スタートが少し遅れて5位で1コーナーに入る。舞い上がってしまったのか、なかなか自分のリズムがつかめず、1-2コーナーでミスしたりして、タイムも13秒後半ぐらいの走行が続く。
落ち着いて走ろうと思うが、タイム差がほとんど無いため、なかなか抜けない。すぐ前を走る選手が、ヘアピン進入でミスしたチャンスも活かすことが出来ず、そのままの順位でゴール。
 ベスト 1分13秒6(5位/14台中)レースタイムは12分26秒(トップグループは12分10秒 ベストは11秒後半ぐらい)

 反省
 少し手堅くなりすぎて、リスクを避けてしまい、フリー走行から終始攻める事は無く、守りの走りになってしまった。
 また、レースの準備でもリアは新品タイヤを準備していなかったので、「たられば」になるが、新品ならもう少し良い走り(積極的な走り)が出来たのではと反省している。準備からレースまですべての段階で消極的になってしまっていた。
  1. 2015/01/03(土) 17:44:21|
  2. レース記録
  3. | トラックバック:0

2014/11/2 ドリームカップ耐久 

耐久当日は雨、気温は17度ぐらい

★10時~公式予選
雨はやんでいるけど、夜に振った雨で路面は濡れているので、レインタイヤに交換
あわせて、セッティングを
 フロント  イニシャル ドライ時より1ライン抜き TENはドライより2クリックソフトにした
 リア   イニシャル 1.5回転もどし TENはドライ時より1/4ソフトに、COMPも1/4ソフトにした
 スプロケ 14-43→14-44に変更

予選30分のうちの後半15分を走る。 路面は徐々に乾いてきている。
これなら結構タイムは出そうだと思ったら、フルタンクのため、フロントが一気に沈み、アクセル開けるとすっと伸びるからか、どうもフロントが滑っているような感覚になって馴染めない。
リアもしばらくぶりに使うためか、走り出しで少し滑ったので、おっかなびっくりの走行となる。
結局25秒台のタイムで、以前フルウェットで走ったときよりタイムは遅いぐらいになってしまった。
予選21位(27台中)

決勝にむけて、タイヤは悩むが、雨はもう降りそうに無いので、ドライタイヤに交換してもらう。
(ぎりぎりにもかかわらず、出走に間に合うようにお手伝いいただいた皆さんありがとうございました。)
リアのイニシャル以外はドライセッティングに戻した

★スタート~1時間(1回目の私の担当)
スタートするも、ウォーマーをかける時間が無かったことと、まだ路面が濡れているので、無理にペースを上げず、前の人の後ろについていく走りで最初の3周をこなす。
その後は、前の遅いグループを抜いたら、似たようなタイムで走る排気量の大きいバイクの後ろについて、淡々と周回する。
抜くにもラインを変えたら、まだ濡れている路面にスリップダウンしそうだし・・・弱気の走行になってしまう。
タイムは20~22秒くらいかなぁ? 

S2-IMG_7089.jpg


後半からようやく路面は乾いてきたので、少しずつペースを上げるが、それでも18秒台ぐらいまでで、なかなかそれ以上はタイムが上がらない。
フロントサスはドライセッティングに戻せたが、リアのイニシャルがレインのままなので、タイムの稼ぎどころの部分で向きが変えられないのでリズムにも乗れない。
そんな状態でライダー交代


2~3時間の2回目の担当
路面もすでにほとんど乾いてきているし、リアのイニシャルもドライセッティングに戻せたので、いつものように走行できる。
はずだったんだけど・・・

残念ながらタイムは15秒~17秒台にとどまる。

S4-IMG_7346.jpg

S3-IMG_7318.jpg



抜くのは相変わらずヘタで、大きい排気量のバイクはなかなか抜けないし、クリアラップになっても、タイムは15秒が切れない。
ドライなら14秒後半でコンスタントに走れると思っていたんだけど、どうにも上手くいかない。
握力もどんどんなくなってきてしまい、かなり手前からブレーキングしないと止まらない。体力落ちたなぁ・・・
もうすぐ走行が終わると思ったら、あと10分のサイン。
がんばって走ろうとするものの、3コーナーの立ち上がりでガス欠のような症状がでる。
次の週はピットに向かってガソリンがやばいことをアッピール。
ガス欠の症状がなんどか出たので、そこからはペースを大幅に落として、あと1周まわってライダー交代した。
最後の周はかなりヒヤヒヤだったけど、とまらなくて良かった。
この時間のベストは15秒5

そのまま私のマシンにガソリンを足してピットアウトして、減算のペナルティをなくしたが、結局ライバルの250チームには惨敗して総合13位(27台中)、S250クラスは2台中2位の結果だった。
どうにもペースが上がらず、苦労したレースでした。

お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
(写真はちちさんからいただきました。ありがとうございました)

       
  1. 2014/11/06(木) 22:08:41|
  2. レース記録
  3. | トラックバック:0

2014ドリームカップ春大会

ドリームカップ春大会の記録

フリー走行15分
フロントディアブロスーパーコルサ(SC1)、リアディアブロスーパーコルサSCV2(SC1)のフィーリングの確認と習熟走行。
3周は丁寧に、慎重にはしることを心がけた
ベストは13秒9(10周走行)

予選10分
フリー走行ではそれまで練習で履いていたSC2に比べてタイヤが硬く感じたが、でもグリップが良いと感じ、もう少し接地感が欲しかったので、リアのTENを1/4回転ハード側に締め込み、フロントのTENを右側だけ1クリックHにした。
→最終コーナー立ち上がりなどでマシンの向きがいまひとつ変わらない感じになってしまった。
予選終了後、フロントは元に戻し、リアは1/8だけ戻した。
ベストは13秒7(トップは11秒台、12秒が2台、13秒が自分含め3台の総合7位)7周走行

決勝(10周)

決勝セッティング変更点
前後のタイヤの空気圧を冷間で1.7→1.62ぐらいに落とした。
リアサスも当初の状態に近いぐらいに戻った(結局リアのTENだけ1/8ハードに振っている)

スタートで半クラを当てようと思ったら、フロントが動いた。フライング?と思ったが、スタートして前を追いかけているうちにすっかりそのことは忘れてしまった。(1周目で確認すべきだった。レース中にコントロールラインの旗を見なかったのは危険も伴うし、大いに反省している。すみませんでした)
SC1にはずいぶん慣れてきたが、どうも上手く乗れない。アクセルに敏感に反応する気がする。オフの時間が少しでも長いと速度が落ちる気がするし、アクセルの開け閉めには車体の動きが大きく反応し、ギクシャクした感じになってしまう。
丁寧に乗れた周だけ13秒6が出たが、後は14秒台
決勝も総合で7着だったが、フライングの黒旗無視で当然失格。

フラッグに気づかず走りきってしまったことが今回最大の反省。マシントラブルで後ろに迷惑をかける状況での黒旗だったら大変なことになっていた。皆さんごめんなさい。
  1. 2014/03/16(日) 20:43:03|
  2. レース記録
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

hiro250r

Author:hiro250r
年齢を重ねるにつれ、忘れることのほうが多くなったから、メモ書きをしなくちゃ(^^; 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
整備・考察 (42)
走行記録 (50)
レース記録 (6)
クルマ (24)
トレーニング (22)
休日・グルメ (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR